知識・活用術 > キャッシングの記事

お金がない無職でも利用できるキャッシング・カードローンはある?

専業主婦や失業中の人は、お金が足りず困ってしまう事態に陥るケースが珍しくあります。
お金を借りれるサービスは色々ありますが、無職の場合は融資を受けることが困難です。
なぜなら、無職だと安定した収入が見込めず、貸し倒れのリスクがあるからです。
では、無職で融資を受けることが厳しい人は、どのようにお金を工面したら良いのでしょうか?
そこで今回は、お金がない無職でも利用できるキャッシング・カードローンをご紹介しましょう。

お金がない無職が利用できるキャッシング・カードローン

まずは、お金がない無職が利用できるキャッシング・カードローンにはどのようなものがあるのか見てみましょう。

無職は基本的にキャッシングを利用できない

無職の場合、お金を返済する能力がないと見なされてしまうため、基本的にキャッシングを利用できません。
賃金業者としては、貸したお金が戻ってこないリスクは避けたいものです。
そのため、安定した収入を持ち、信用情報に傷が付いていない人を審査に通す基準にしています。
中小消費者金融であれば、無職でもキャッシングを利用することができる場合もありますが、大手消費者金融や銀行では無職だと高確率で借りれません。

専業主婦・年金受給者などは利用できるケースも

専業主婦の場合、配偶者が安定した高収入の職についている場合は、キャッシングを利用できるケースがあります。
しかし、どの金融機関でも借りられるわけではありません。
一部の銀行カードローンや金融会社で、借入金を限定して利用できるようになっています。
また、年金受給者の場合は安定した収入と見なされ、一部の銀行カードローンであれば利用できる可能性があります。
しかし、返済期間の都合で年齢制限により審査から外れる場合もあります。

家族カードからキャッシング機能付きのカードが作れる

家族カードとは安定した収入がある人を本会員に、家族分のカードを発行できる制度です。
最初にクレジットカードを契約した会員が審査を通っていれば、家族は審査をしなくても発行される場合があります。
そのため、無職でもキャッシング機能付きのカードが使える可能性があります。
しかし、本会員のクレジットカードが家族サービスに対応していることが条件です。
また、家族カードの請求は本会員に請求されるため、内緒で家族カードを作ることはできません。

キャッシング・カードローンが受けられない時の対策方法

では、キャッシング・カードローンが受けられず、お金に困ったらどうしたら良いのでしょうか?
その他のお金の工面方法がいくつかあるのでご紹介します。

周りの人からお金を借りる

1つ目の方法は、親戚や知人からお金を借りる方法です。
親戚や知人など周りの人であれば、審査もなく利息なしでお金を借りられます。
人間関係のトラブルにならないために、借用書を作成しておくと良いでしょう。

保険に加入しているなら「契約者貸付」を利用する

生命保険の加入者であれば、無職でもお金を借りられます。
「生命保険契約者貸付制度」では、解約時に受け取れる解約返戻金の一部を担保にして貸し付けを受けることが可能です。
ただし、掛け捨て型の保険の場合は解約返戻金がないので、お金を借りられません。

低所得者限定の融資制度を受ける

低所得者は、生活福祉資金貸付制度の融資を受けられます。
安定した職に就けず、生活扶助基準の1.7倍ほどの収入しかない低所得者で、銀行や金融会社から融資が受けられない人が対象です。
この融資制度で借り入れができるのは、生活資金や教育支援金、福祉資金、不動産借入のみとなっています。

要らないものは全て売る

不要な家電や家具、本やCDなどを不用品買取してくれるリサイクルショップに売りましょう。 ブランド物や希少価値のあるものなら高額査定になることもあり、すぐにお金に換金できます。

アルバイトで収入を得る

無職だと銀行や金融会社からお金を借りることが難しくなるため、とりあえず雇用形態に関わらず、アルバイトをするのも一つの手です。
職があれば毎月収入が得られ、また消費者金融などでの審査も通りやすくなります。

アルバイトでも働いた方が良い理由

お金に困っている人は無職のままでいるよりも、アルバイトでも働いた方がいいです。
職に就くことで、2つのメリットを受けられます。

キャッシング・カードローンが利用できるようになる

アルバイトをすることで、キャッシング・カードローンが利用できるようになります。
無職だと返済能力の都合で借入できませんが、アルバイトでもしっかり収入があれば返済能力があるとみなされ、ある程度まとまたお金を用意できます。

お金がない無職でも利用できるキャッシング・カードローンについてご紹介しました。
無職では基本的に融資は受けられないため、アルバイトでもいいので働いて収入を得た方がメリットは大きいです。

この記事も読まれています