知識・活用術 > キャッシングの記事

お金が足りない時に便利なカードローン!利用の注意点と金欠の解決方法

お金がない時にカードローンは便利なサービスです。
限度額内であればいつでもどこでも引き出しできるので、使っている方も多くいます。
金利がクレジットカードより低い点も大きなメリットでしょう。

しかし、カードローンをむやみやたらに使っていると大変な事態になることもあります。

そこで今回は、カードローンを利用する際の注意点と金欠の解決方法についてご紹介します。
カードローンの利用を検討中の方や現在利用中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

一時的にお金が足りないならカードローンを活用

一時的にお金が足りないならカードローンを活用

カードローンがあれば、消費者金融や銀行からお金が借りられます。会社員や公務員などで一時的にお金がなくなったのであれば、カードローンで乗り切るのも一つの手段です。 ここではカードローンのメリットについて解説します。

現金が不足した時に借入できて便利

カードローンは使い道が限定されていないため、借りることができれば自由に使えます。
生活費が足りない時や車のメンテナンス費用が不足した時など、あらゆる用途で利用できる点がメリットです。ただし、事業には使用できないカードローンもあるため個人事業主の方は注意が必要です。

50万円など利用限度額の範囲内であれば、ATMか口座への振り込みですぐに使えます。
返済方法や返済日も自分で選ぶことができる場合もあるので、現金が不足している時には頼りになる相棒です。

最短即日で利用できるところが多い

カードローンは「最短即日」を謳っているところも多く、現金が必要な際はすぐに利用できます。最短審査時間は30分など、スピーディーに借り入れができる点も魅力です。

利用する企業によっては、約一か月間無利息で貸してくれることもあります。
土日の銀行振り込みや24時間対応など、利用しやすい仕組みがつくられています。

カードローンでお金を借りる時の注意点

カードローンでお金を借りる時の注意点

安定した収入がないと審査に落ちやすい

カードローンは便利な借り入れですが、安定した収入がないと審査に落ちやすくなります。
企業としては貸したお金が返ってこないことが一番の不安材料だからです。
正社員は比較的審査に通りやすいですが、フリーランスや派遣社員など収入が不安定な方は、場合によって審査が通らないこともあります。

また、過去にクレジットカードの返済を長期滞納するなどすると、「金融ブラック」として融資会社の信用を失った状態となります。
金銭の貸し借りは信用で成り立っているため、当然、金融ブラックとなった方も審査に通りません。

万が一、カードローンが利用できない場合には、給料や売掛金を買い取ってくれるファクタリングの利用を検討してみるといいでしょう。

借りる前に返済計画をしっかり立てる

カードローンは借金なので、必ず借りた分は返さないといけません。借りる前には返済計画をしっかり立てて、無理のないスケジュールでお金を返していくようにしましょう。

返済計画でのポイントは、必要な分のお金だけを借りることです。
自分が毎月得ている収入や返済できる額以上のお金を借りてしまうと、返済が苦しくなります。
最悪の場合、さらに別のところでローンを組んで、借金に借金を重ねてしまうこともあります。

自分が返済できる分の額を見極めて、カードローンを賢く使っていきましょう。

根本的な原因を解決することも大事

根本的な原因を解決することも大事

毎月カードローンの返済で苦しんでいる方は、根本的な原因に目を向けることが大切です。
「何が原因で借金をつくっているのか」「毎月一定額のお金を残す方法」など、解決策を考える必要があります。

収入と支出を見直してバランス調整をする

毎月カードローンを利用していないのに「おかねが足りない」という人は、収入と支出から見直していきましょう。
日用品費や食費、交通費、光熱費、通信費など、どこかに無駄があるはずです。
スマホのプランを変更したり、家賃の低いところに引っ越したりと固定費を下げる手段はいくらでもあります。

収入が少ないのであれば食費や娯楽費を少し切り詰めるなどして、支出とのバランスを調整していくことが大事です。
今一度、収入と支出を見直してみると、カードローンを必要としない生活も見えてきます。

貯金額を決めて残りのお金で生活を賄う

口座に給料が振り込まれた時は、即座に貯金額と生活費を分けるのもおすすめです。
毎月20万円が必要なのであれば20万円だけを残して、後のお金は全て貯金します。

貯金が苦手な人や口座にお金があるとすぐに使ってしまう人は、定期預金などで別口座を作るのも有効です。
自動的に貯金できる仕組みをつくると、自然とお金は貯まります。

収入が少ないなら転職や副業も視野に入れる

会社やバイト先からの収入が少ないのであれば、転職や副業も検討してみましょう。
経営者によっては社員が成果や実績を上げても、余計に人件費がかかるため給料を上げてくれないこともあります。
自分のスキルや経験に自信がある場合には、転職や副業で新しい道を探してみてください。

カードローンは、生活費や交際費などお金が足りない時には便利なサービスです。
返済計画を考えて、収入を超えない使い方をしていけば、良い付き合いができます。
フリーランスの方などでカードローンの審査に通らない時は、ファクタリングも利用してみてください。

この記事も読まれています