知識・活用術 > キャッシングの記事

キャッシング枠0円の方が良い?ケース別にどちらが良いのか徹底解説

クレジットカードをつくるときに、「キャッシング枠」を設定することがあります。しかし、実はキャッシング枠の仕組みについて良く分かっていない人もいるでしょう。
特に、キャッシング枠は設定した方が良いのか?0円にした方が良いのか?と迷っている人も多いと思います。そこでこの記事では、キャッシング枠は0円が良いのか?という点について、具体的なケースで解説してきます。
現在、クレジットカードの作成を検討しており、キャッシング枠を0円にしようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

キャッシング枠とショッピング枠との違いとは?

まず、そもそもキャッシング枠の仕組みが良く分かっていないという人に向け、勘違いしやすい「ショッピング枠」との違いも含め解説します。
まず、キャッシング枠とはクレジットカードを利用してお金を借りる限度額のことです。
仮に、クレジットカードを作成するとき「キャッシング枠30万円」と設定していれば、そのクレジットカードを利用して最大で30万円まで借入できます。

一方、ショッピング枠はお店などで買い物するときの利用限度額のことです。
ショッピング枠もキャッシング枠と同じく、枠内の金額が利用できる限度額となります。
まずは、上記のキャッシング枠の仕組みとショッピング枠との違いを頭に入れておきましょう。

キャッシング枠を0円にした方が良い3つのケース

次に、キャッシング枠を0円にした方が良い以下3つのケースを解説します。

不正利用時の被害に対してリスクヘッジしたい

キャッシング枠を0円にした方が良い1つ目のケースは、クレジットカードを盗難されたときに、不正にキャッシングされる被害に対してリスクヘッジしたいケースです。
盗難にあったクレジットカードが、「ショッピングで不正に利用された」場合には、大半のカード会社で補償してくれます。
しかし、それはクレジットカードで不正にショッピングされたときの話であり、キャッシングされたときの話ではありません。
カード会社によっては、不正なキャッシング利用時も補償範囲にしていますが、補償対象外のケースもあります。
そのため、キャッシング枠を0円にすることで、クレジットカードを盗難されて不正利用されたときのリスクヘッジになるのです。

ショッピング枠を減らしたくない

キャッシング枠を0円にした方が良い2つ目のケースは、ショッピング枠を減らしたくないケースです。
というのも、ショッピング枠とキャッシング枠は「総枠」として考えられるので、キャッシングを利用すればショッピング枠も減額されます。
たとえば、ショッピング枠50万円でキャッシング枠が30万円の場合、一見すると総枠は80万円に見えるでしょう。
しかし、実はショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているのです。
キャッシング枠を30万円利用すれば、ショッピング枠は20万円(ショッピング枠50万円-キャッシング利用額30万円)になります。
そのため、キャッシング枠を設定し実際にキャッシングをしてしまうと、ショッピングにも影響が出てしまうのです。
もちろん、そもそもキャッシングを利用しなければ良い話ですが、キャッシング枠を0円にすることで、このような事態を完全になくすことができます。

クレジットカードの審査に通りやすくしたい

キャッシング枠を0円にした方が良い3つ目のケースは、クレジットカードの審査に通りやすくしたいケースです。
というのも、クレジットカード会社はクレジットカードを発行するときに、発行希望者を独自に審査しています。
たとえば、過去に延滞歴はないか?自己破産歴はないか?という信用情報を照会するなどです。

なぜ審査するかというと、ショッピングの利用だとしても、クレジットカード会社は一時的にお金を貸していることになるからです。
仮に、ショッピングでクレジットカードを利用すると、実際にクレジットカード会社から請求が来るのは、ショッピングをしてから1か月以上経過してからです。
つまり、キャッシングではなくショッピング利用だとしても、クレジットカード会社は一時的にお金を貸しているようなものなので、クレジットカード発行者の信用を見極める必要があるのです。
そして、キャッシング枠も追加するとさらに厳正な審査になるので、キャッシング枠は0円の方が審査に通りやすいです。

キャッシング枠を0円にすべきできない2つのケース

前項で、キャッシング枠を0円にした方が良いケースを解説しました。
次に、キャッシング枠を0円にすべきでない、以下2つのケースを解説します。

急な出費が発生することが多い

キャッシング枠を0円にすべきでない1つ目のケースは、急な出費が発生することが多いケースです。
というのも、キャッシング枠を確保しておけば、総枠内であれば審査なしに即日お金を借りることができます。
一方、キャッシング枠を0円にすると、消費者金融をはじめとした別の機関で借入する必要があるので、借入までどうしても時間がかかるのです。
そのため、急な出費に対応するためには、キャッシング枠を0円にしない方が良いでしょう。

将来的にキャッシング枠を追加しようと思っている

キャッシング枠を0円にすべきでない2つ目のケースは、将来的にキャッシング枠を追加しようと思っているケースです。
というのも、キャッシング枠0円でクレジットカードを作り、その後にキャッシング枠を追加するときは再審査になるからです。
当然、そのときの状況によっては再審査に否決する可能性もあります。
そのため、何が起こるか分からない将来にキャッシング枠を付保するのではなく、現時点でキャッシング枠を設けていた方が良いと言えるでしょう。

まとめ

このように、キャッシング枠を0円にすると、不正利用時のリスクヘッジができたり、審査に通りやすかったりというメリットがあります。
一方、キャッシング枠0円だと、急な出費に対応できないなどのデメリットがある点も忘れてはいけません。
クレジットカードを作成するときは、メリット・デメリットのどちらを優先するべきかを考えた後に、キャッシング枠0円にするのかどうか判断しましょう。

この記事も読まれています