知識・活用術 > キャッシングの記事

クレジットカード現金化ブログのうまい話にご注意!現金化の危険なリスク

個人の情報や体験談を発信できるブログは、多くの人によって様々な内容が書かれていて、個人の日記として公開している人もいます。
最近ではブログに、クレジットカード現金化を勧める金融系の内容が多いです。
また、キーワードとして「クレジットカード現金化」という言葉を見かける機会も増えていますが、内容に関しては詳しく知らない人も多いでしょう。
ここでは、クレジットカード現金化ブログの内容や現金化のリスクについて解説していきます。

簡単にお金が手に入るクレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化ブログでは、クレジットカードの現金化が簡単にできるだけでなく、ブラックでも簡単に現金を得られる方法として掲載されています。 まずは、簡単にお金が手に入るクレジットカード現金化の仕組みをご紹介しましょう。

ショッピング枠を現金にする手法

クレジットカード現金化には、いくつかの方法があります。
1つ目は、ショッピング枠の現金化です。
クレジットカードには、買い物で利用するショッピング枠とお金が借りられるキャッシング枠があります。
ショッピング枠に対してキャッシング枠は利用範囲が少なく、使い切ってしまう人もいるでしょう。
このような場合、ショッピング枠で買い物を行ってから売ることで現金化できます。
購入する商品は金券などで、購入後には自分で売って現金化することが可能です。
自分で売って現金化するのは手間がかかりますが、還元率は高くなります。
現金化を任せられる業者の場合は手間がかからない分、手数料がかかります。

ショッピング枠があればブラックでもお金が手に入る

ブラックリストに掲載されてしまうと、一定期間は金融機関からの融資が受けにくくなります。
しかしクレジットカードのショッピング枠があれば、上限まで現金化が可能なので、ブラックであってもクレジットカード現金化サービスが利用できます。
ブラックリストが影響を与えるのは、新規発行やキャッシング枠のみです。
既にクレジットカードを持っている場合は、ショッピング枠でクレジットカード現金化が行えます。

現金化の手法は買取とキャッシュバックの2種類

クレジットカードのショッピング枠で現金化する場合、買取とキャッシュバックの手法で可能です。
買取式の場合、クレジットカードを使用して金券やブランド品など換金率の高い商品を購入します。
購入した商品を買取業者に持ち込んで現金化を行います。
持ち込むだけで現金が得られるため手軽な方法とされていますが、持ち込み手間や時間がかかる場合があります。
一方のキャッシュバックでは、現金化を行っている業者から価格の低い商品を高い金額で購入します。
商品購入の特典として、現金をキャッシュバックで得られる方法です。
ネットの広告や街角のチラシなどで見かける現金化は、主にキャッシュバックの方法を取っていることがほとんどです。

クレジットカード現金化はリスクだらけ!

簡単に行えるイメージのあるクレジットカード現金化ですが、実際には多くのリスクがあります。 リスクについて知らないと犯罪に巻き込まれてしまったり、損をしてしまったりする恐れもあるので注意しましょう。

犯罪に巻き込まれる危険がある

クレジットカード現金化はブログでも紹介されることが多く、簡単で誰でもできるイメージがあるかもしれません。
しかし安易に考えていると、犯罪に巻き込まれる可能性があります。
クレジットカード現金化は、正直なところ確実に損をしてしまいます。
商品の購入金額以上で売れることはなく、現金化において業者を利用した場合は高額な手数料を取られてしまうのです。
また、法律で規制されないグレーな部分があるため、現金が振り込まれなかったり、現金化で使用したカード情報が盗まれたりする場合もあります。

金銭的に損となる可能性が高い

クレジットカード現金化では、買取でもキャッシュバックでも使用した同額が戻ってくることはありません。
そのため、使った分だけ損をしてしまうということです。
現金化した金額と現金を比較すると分かるように、使えば使った分だけ差額が大きくなっていき、キャッシングの利息を超えてしまう場合も少なくありません。

そもそも現金化は規約違反

カード会社の規約を確認すると、クレジットカード現金化に対して規約違反だとする会社がほとんどです。
そのため、利用履歴や使い方でクレジットカード現金化が行われていると判断されると、解約や利用停止のペナルティを受けることもあります。
解約となった場合、今までの利用金額の一括返済を求められるため、利用額が高額だとさらに借入しなければならなくなるでしょう。

この記事も読まれています