知識・活用術 > キャッシングの記事

ブラックでも融資可能な方法とは?ブラックのリスクと危険な融資もご紹介

銀行などの金融機関から融資を得られない場合、金融ブラックとして認知されている可能性が高いです。
自分が金融ブラックになっている場合、融資の審査が難しくなってしまいます。
もし金融ブラックになってしまうと特定の方法でしか融資が受けられないだけでなく、融資が足りずに危険な融資に手を出さざるを得ない事態を生む可能性もあるでしょう。
ここでは金融ブラックでも可能な融資方法や、絶対に回避したい危険な融資についてもご紹介します。

金融ブラックだと融資の審査通過は難しい

金融ブラックになってしまった場合、なぜ融資の審査通過が難しくなってしまうのでしょうか?
まずは審査が困難になってしまう理由をご説明します

返済能力が認められずキャッシング審査に落ちやすい

返済能力がないと判断されてしまった場合、キャッシングの審査に落ちやすくなってしまいます。
一般的には、1~2ヶ月の定期的な返済遅延もしくは3ヶ月以上の返済遅延など、繰り返し返済を著しく損ねたと判断された場合に金融ブラックになってしまう可能性が高いので注意です。

ブラックリスト入りだと消費者金融でも通過は厳しい

返済能力が認められない、債務整理を行ったなどの理由から金融ブラックになってしまった場合、消費者金融でも審査通過が厳しい状態となります。
特に大手消費者金融の場合、審査の際に信用情報機関を利用するため金融ブラックである事実が知られてしまうからです。
金融ブラックに入っている場合、審査基準の緩い消費者金融であっても通過が困難でしょう。

複数の融資申し込みでブラック扱いになることも

複数の融資を同時に申し込んでしまうと、クレジットカードの不正利用や現金化、カードの利用のみで支払い能力がないのではないかなどと疑問視され、申し込みの時点でブラックとして扱われてしまう場合もあります。
また、審査に通過できなくても同じ金融機関に繰り返し申し込みを続けたり、3社以上の融資申し込みを行ったり虚偽の記載なども該当します。

途上与信でクレジットカードが使えなくなる場合も

クレジットカードは申し込みの時点では問題なく審査を通過できても、今後のクレジットカード会社任意の審査によって使用できなくなることを途上与信と言います。
途上与信では収入の低下やカードの利用歴、他のカードやカードローンでの使用に問題がないかなどで審査が行われます。
途上与信で問題がなければキャッシング枠の増額などが可能ですが、問題が発覚してしまうと上限の減額や利用停止になる場合もあるので注意しましょう。

金融ブラックや債務整理中でも融資を受けられる方法

返済能力の安定しない金融ブラックや債務整理中の人は、通常の金融機関では融資が受けにくい状態です。
しかし、どうしても融資を受けなければ生活を送れない人もいるでしょう。
このような場合、以下の方法であれば融資を受けられる可能性があります。

質屋なら即日融資が可能

質屋は物品を預け入れる際に同等の金額で融資可能です。
預けた物品が担保となる仕組みのため金融情報などを基準にしていません。
また、返済などの取り立ても行わず、お金が返せなかった場合は預け入れた物品が戻ってこないというシンプルな仕組みです。
簡単に借りやすい環境である一方で、質屋の金利はとても高いのがデメリットでしょう。
キャッシングとは異なる質屋営業法という法律の元、上限金利が定められているので、質屋によって上限金利が異なる場合があります。

自動車やバイク持ちなら車融資を利用する

車融資の場合、個人信用情報や車の査定程度で審査時間も30分程度で済むのが特徴です。
車融資は自動車担保ローンとも呼ばれ、車に乗ったまま融資を受けられる方法と車やバイクを預けて融資を受ける方法があります。
どちらも車やバイクを担保に借入を行い、完済したら自動車やバイクは自分の持ち物となります。
しかし、返済が滞った場合は手放さないとなりません。

積立型の生命保険の契約者貸付制度を利用する

生命保険の加入はもしもの場合の保障だけでなく、契約者貸付制度によって保険を元に融資を受けられます。
契約者貸付制度は、審査なしで契約する生命保険の解約返戻金の範囲内で借入可能です。
ただし、解約返戻金がない保険は対象外となるので注意しましょう。

定期預金で担保貸付を利用する

定期預金担保貸付とは、銀行に預け入れている定期預金を担保にして借り入れる方法です。
定期預金には満期になる日が決まっており、満期日の前に解約してしまうと予定とされていた利息が付かなかったり、手数料がかかってしまったりするでしょう。
しかし、定期預金を担保にした貸付には審査がないので、スムーズな借り入れが可能です。

会社の従業員貸付制度を利用する

福利厚生の一環として、従業員貸付制度を取り入れている会社もあります。
従業員貸付制度は会社からの借り入れが可能であり、金融ブラックでも金融機関からの審査なしで借りられます。
しかし、社内審査があります。
その審査基準では正社員や勤続年数などを重視する場合もあり、誰もが借りられるとは言い難いです。

公的融資制度を利用する

金融ブラックの状態であっても、国や市町村、自治体などによって融資内容や金額が異なりますが、様々な公的融資制度が利用できます。
では、金融ブラックでも利用できる制度を一部ご紹介しましょう。

年金担保貸付制度
自営業者やサラリーマンが将来受け取る年金を担保にして融資が受けられます。

母子父子寡婦福祉資金貸付制度
母子や父子家庭の経済的な自立を目的に、子どものために資金を融資してくれる制度です。
・求職者支援資金融資制度
職業訓練受講給付金受給予定者が対象の制度であり、給付だけでは生活できない場合に融資が受けられます。
これらの制度にはそれぞれの条件があるので、利用前に確認してください。

家族に協力を得て融資に申し込む

自分の力だけではどうしても融資が受けられない場合、家族の協力も考えましょう。
例えば、クレジットカードが自分名義で申し込めない場合は、ブラックではない家族を通じて家族カードを発行すると良いでしょう。
クレジットカードは定期的に信用情報の確認が必要ですが、家族カードは本会員が対象となるので、ブラックの人も利用可能となります。
また、親や兄弟など家族からお金を借りるのも1つの手です。
その場合は直接会って金融機関から借り入れできない状態を話して、納得してもらえるようにきちんと返済計画を立てましょう。

お金が必要でも避けるべき危険な融資

お金がどうしても必要になった時、金融ブラックだと資金調達の手段が限られてきます。
しかしいくら切羽詰まっていても、絶対に避けるべき危険な融資がいくつかあるのでご紹介しましょう。

貸金業未登録で高金利貸付の闇金

貸金業を始める際には必ず財務局長か都道府県知事の登録が必要ですが、中には未登録で貸金業を行っているいわゆる「闇金」業者もいます。
闇金業者は出資法で定められている上限金利を大幅に超えた違法金利を課しており、一度でも借入を行うとすぐに返済できない状況に追い詰められてしまいます。
また、闇金業者から借入で返済できなくなると、業者から厳しい取り立てが始まり職場や家族まで巻き込む大事件になってしまいます。
貸金業未登録業者や違法な高金利貸付を行っている闇金からは絶対に借入しないように気を付けましょう。

クレジットカードを現金化する

クレジットカードの現金化の方法は、主に2種類あります。
1つ目は、クレジットカードを利用して金券やブランド製品などを購入し、購入したものを個人で業者に売って現金を得る買取式の現金化です。
2つ目は、キャッシュバック式の現金化を行う業者から指定の商品を購入し、一定額の現金を受け取るキャッシュバック式です。
クレジットカードの現金化は、カード会社の契約違反になりバレるとカードの利用が停止されるリスクがあります。
また、いずれの方法も結果的には大きく損をする上に、翌月のカード支払い額をいたずらに増やすだけなのでやめましょう。

掲示板やSNSでの個人融資の募集

専用掲示板やSNSでは、個人間融資の募集が行われています。
掲示板などを介した個人融資では、借りたい側と貸したい側の条件が一致したら個人的に直接交渉を行い、具体的な金額や利息、返済などについて契約を交わします。
信用に傷があり金融機関から資金調達できない人にとっては魅力的に感じるかもしれませんが、個人融資も絶対に手を出してはいけない危険な融資です。

実際に多くの個人融資では、利息制限法や出資法などの制限を遥かに超えた法外金利での取引が蔓延っています。
いわゆる「トイチ」や「複利」なども当たり前のように行われており、金融機関から借入するよりも膨大な金額が請求され、返済できなくなるケースが多くを占めています。
また、個人融資ではトラブルが起こった場合も民事不介入の原則が適用されると警察が関与できない場合があるので注意しなければなりません。

金融ブラックになってしまうと、審査が厳しくなって融資を受けづらくなり、よりリスクの高い危険な融資に手を出そうとする人も多くなってしまいます。
しかし、危険な融資に手を出すと返済できなくなり精神的にも追い詰められたり、自己破産する可能性も高くなったりするのでやめましょう。

この記事も読まれています