知識・活用術 > 豆知識の記事

不動産担保ローンならブラックでも借りることができる?

不動産を担保にしてローンを組む不動産担保ローンの利用を考えている人も多いのではないでしょうか?
不動産を担保にすることで比較的簡単にお金を借りることが可能です。
しかし、不動産を担保にしてローンを組む時には注意をしなくてはいけないこともあります。
ここでは、不動産を担保にしてローンを組む時に気をつけなくてはいけないことや確認しておく点について紹介していきます。

不動産担保ローンとは?

不動産を持っている人なら利用可能

不動産担保ローンは不動産を持っている人なら誰でも使うことができるものになります。
そのため、自分の不動産を持っていない人は使うことができないです。
また、不動産の評価額によって不動産を担保にして借りることができるローンの金額も異なってきます。

土地・建物どちらも担保にすることが可能

不動産担保ローンの場合は土地と建物のどちらも担保にすることが可能です。
また、建物だけを担保にして土地は担保にしないというローンの組み方も可能です。
しかし、不動産の評価額によって借りることができる金額が異なるので土地・建物のどちらも担保にした時に比べてどちらか一つの時の場合は借りることができる金額が少なくなります。

不動産担保ローンはブラックリストでも借りれる?

不動産担保ローンならブラックリストに掲載されていても利用することが可能なのか気になっている人も多いと思います。
ここでは、不動産担保ローンがブラックリストに掲載されていても使うことができるのかについて紹介していきます。

借りることは可能

不動産担保ローンの場合はブラックリストに掲載されていても使うことが可能です。
そのため、ブラックリストに掲載されている人が最後にお金を借りる手段と言われることもあります。

不動産の評価額にもよる

不動産の評価額によっては稀に借りることができないことがあります。
それは不動産に価値がない時です。
不動産担保ローンは不動産の評価額に応じて借りることができる金額が異なります。
そのため、評価額がゼロだと借りることができないです。

ブラックで不動産担保ローンを組むコツ

ブラックリストに掲載されている人が不動産担保ローンを組む時にはコツがあります。
ここでは、不動産担保ローンを組む時のコツについて紹介していきます。

土地を担保に入れる

不動産は建物よりも土地の方が経年劣化が少ないです。
そのため、土地を担保に入れている時の方が不動産担保ローンを組みやすくなっています。

保全率を高くする

保全率とは借入金額のおける不動産の評価額のことです。
つまり、借入金額を返済できなくなった時に担保に入っている不動産の評価額が大きいほどお金を借りやすくなります。

大手ではないところで申し込む

不動産担保ローンは大手の銀行もサービスの一種として展開しています。
しかし、ブラックリストに掲載されいる人の場合は銀行独自の基準で審査に落ちてしまうことがあります。
そのため、ブラックリストに掲載されている人が不動産担保ローンを確実に組みたいなら小さい銀行や金融会社に申し込むことをおすすめします。

まとめ

不動産担保ローンはブラックリストに掲載されている人でも使うことができるローンになります。
また、ブラックリストに掲載されている人が不動産担保ローンを組む際にはコツもあります。
そのため、ブラックリストに掲載されている人が不動産担保ローンを組む時には今回の記事を参考にしましょう。

この記事も読まれています