知識・活用術 > キャッシングの記事

消費者金融で借りる時も総量制限の対象になる?総量制限を徹底紹介

総量制限という単語を聞いたことがある人も多いのでないでしょうか?
総量制限とは借金をすることができる上限を定めたものになります。
この総量制限は借金をする時に非常に重要になります。
しかし、総量制限の内容や総量制限の規制の範囲を知らない人も多いです。
そのため、ここでは総量制限の内容を知らない人でも簡単にわかるように総量制限について紹介していきます。
総量制限は知らないと不便な思いをすることもあるのでしっかり理解をするようにしましょう。

総量制限とは?

総量制限とはそもそもどのようなものなのでしょうか?ここでは、総量制限について全く知らない人でも簡単に総量制限の概要を理解できるように紹介していきます。
総量制限の仕組みや概要については全く難しくないので簡単に理解することが可能です。

信用情報を元に管理

総量制限は基本的に信用情報を元に管理されています。
信用情報とはクレジットカードの申し込み審査の際に使われることが多い個人の信用度を表した情報になります。
この信用情報の中には現在の借金の金額や借金の返済状況などが記載されます。
そのため、総量制限は信用情報を元に管理されます。

年収の3分の1がポイント

総量制限は年収の3分1以上の金額を借金している時に制限がかかります。
総量制限は年収を総量としてその3分の1以上はお金を借りることができない制度のことになります。
そのため、現在年収の3分1近くまで借金をしている人や年収が下がって総量が下がってしまった人は総量制限の対象になってしまう可能性が高いです。
しかし、金融機関によっては総量制限を超えてもお金を貸してくれる場合もあります。

不動産ローンは除外

総量制限に住宅ローンは含まれないことになっています。
住宅ローンの場合は年収の何倍も借りることが一般的なため住宅ローンの場合は独自の審査基準が設けられています。
また、自動車のローンに関しても総量制限の対象外になっています。総量制限はあくまでも生活費としての借金にのみ適用されます。
あきらかに使用目的が年収の何倍もする買い物の場合は適用されることがないです。

消費者金融も総量制限の対象に?

総量制限に住宅ローンは含まれないことになっています。
住宅ローンの場合は年収の何倍も借りることが一般的なため住宅ローンの場合は独自の審査基準が設けられています。
また、自動車のローンに関しても総量制限の対象外になっています。
総量制限はあくまでも生活費としての借金にのみ適用されます。
あきらかに使用目的が年収の何倍もする買い物の場合は適用されることがないです。
量制限と聞くと銀行でのローンをイメージする人も多いと思います。
しかし、ローンに分類されるものは一般的に総量制限の対象にならないことが多いです。
総量制限になるのはむしろ消費者金融などでの借金の方が多いです。
ここでは、消費者金融と総量制限について紹介していきます。

消費者金融も対象になる

消費者金融も総量制限の対象になります。
また、消費者金融の他にもクレジットカードのカードローンも総量制限の対象になります。
そのため、気を付けるようにしましょう。
また、総量制限の対象になってしまうことで新規に借金をすることができなくなるのでお金を借りる予定がある人は事前に対策をとっておくようにしましょう。

信用情報を使用していないと対象外

総量制限の対象になるのは信用情報を使っている消費者金融になります。
そのため、信用情報を使わずに独自の基準で利用者の信用度を測っている消費者金融の場合は総量制限よりも多くの金額を借りることも可能です。
また、信用情報には主なものが3つあります。
そのため、自分が総量制限の対象になっている信用情報を使っていないところなら総量制限の制限を超えてもお金を借りることができます。

年収の3分1以下なら問題なし

総量制限の対象になるのは年収の3分1以上借金をしている人です。
そのため、現在の借金の金額が年収の3分の1以下で今後借金しても年収の3分の1を超える見込みがない人は総量制限の対象にならないのでお金を借りることができます。
しかし、消費者金融では総量制限の他にも様々な審査項目があります。
そのため、総量制限の審査項目を突破することができても最終的には審査に落ちてしまうということもあります。

総量制限を回避する方法

総量制限を回避する方法というものが実はあります。
ここでは、実際にやってみて効果があった総量制限の回避方法について紹介していきます。
今回紹介する方法は総量制限を回避する方法なので、審査に必ず通過できる方法ではないことを覚えておいてください。

信用情報を使っていないところで借りる

総量制限を回避する方法と一番効果があるのが信用情報を使っていないところでお金を借りることです。
実は信用情報は主要なものが三社ありますが全ての会社で提携している企業の名前を公表しています。
そのため、自分が利用しようと思っている消費者金融やカードローンが信用情報を利用者の判断材料の一つに使っているのかを利用者が確認することができます。
信用情報の使用情報を事前に確認しておくことで信用情報を使ってない消費者金融などを見つけることができます。

自分の年収をあげる

総量制限の対象にならない方法として自分の年収をあげることも一つの手としてあります。
自分の年収をあげることで総量の金額が大きくなるので借りることができる金額が上がります。
特に、自営業の人は自分の年収を自分で決めることができるのでこの手段を使って総量制限を回避している人が多いです。

小さい消費者金融を使う

小さい消費者金融の場合は総量制限の対象になっている人に対してお金を貸すことがあります。
小さい消費者金融の場合は大手の消費者金融で審査に落ちた人を専門的に扱っているところも多いです。
このようなところでは利用者の総量制限に関しては多少目をつぶってくれることが多いです。
しかし、小さい消費者金融の場合は金利が高く設定されていることも多いです。

総量制限内なら必ず借りれるわけではない

総量制限について知らない人が勘違いしていることがあります。
それは総量制限内なら必ずお金を借りることができるということです。
しかし、総量制限の中でお金を借りようと思ってもお金を貸してくれないこともあります。
ここでは、総量制限の対象内にも関わらず審査に落ちてしまいお金を借りることができない原因について紹介していきます。

最終的な判断をするのは消費者金融

利用者に対してお金を貸すことができるかを判断するのが消費者金融になります。
信用情報に関してはあくまでも補助的な役割でしかありません。
そのため、信用情報には総量制限の対象になっている旨の記載がなくても消費者金融の判断でお金を借りることができないということが多いです。
大手の場合は審査が厳しいところも多いので気を付ける必要があります。

一社のみの場合は借りれないことも

一社で大きな金額を借りる場合は総量制限の対象になっていなくてもお金を借りることができないことがあります。
多くの金額が必要な場合は複数の消費者金融に対して少額ずつ借りた方が借りることができる可能性が高いです。

返済の見込みがないと借りることができない

消費者金融の場合はボランティアでお金を貸しているわけではありません。
消費者金融も経営をしていく必要があるため返済の見込みがない利用者に対してはお金を貸さない消費者金融も多いです。
そのため、総量制限の対象になっていなくても同時に複数の消費者金融に対して多額の借金の申し込みをしている場合は借りることができないことがほとんどです。
申し込み情報に関しても信用情報で管理されています。

まとめ

総量制限の対象になってしまうことでお金を借りることができなくなってしまいます。
しかし、総量制限に関しては回避することができる可能性のある方法もあるので今回の記事を参考にしましょう。

この記事も読まれています