知識・活用術 > 豆知識の記事

無職でも家を担保にお金を借りることは可能?内容を紹介!

「お金をどうにかして借りたい」と思う人もいらっしゃるはずです。
ただ、お金を借りるのも簡単ではなく、条件に合致しなければお金を借りるのは非常に難しいことがあります。
特に金融機関は返済能力を見るので、もし自分が仕事をしていなければ「返済能力が無い」と思われてお金を借りることができません。
ただ、無職の人でも家を持っているなら「お金を借りることができるかもしれない」と思うはずです。
家を担保にお金を借りることができるのかご紹介していきます。

不動産担保ローンを利用してみる

無職でも「家を担保にお金を借りたい」と思うなら、不動産担保ローンを利用してみることができます。
不動産担保ローンを利用することで、無職でもお金を借りることができる可能性が高くなります。
どのような条件があれば不動産担保ローンでお金を借りることができるのかご紹介していきます。

ノンバンクであれば問題なし

ノンバンクの不動産担保ローン専門店なら、無職でもお金を借りることが可能です。
ノンバンクとは、銀行のような預金の受け入れ機能を持たずに融資のみを行う機関です。
一般の銀行での不動産担保ローンであれば、収入がなければ「返済する能力がない」と見なされローンを組むことはできません。
しかし、ノンバンクだと一般の銀行よりも不動産担保ローンの条件は甘くなっており、「不動産を持っていることで返済能力がある」と見越して審査に通りやすくなっているので、ほぼ問題なく家を担保にお金を借りることができます。
不動産担保ローンを利用するならノンバンクを利用することがおすすめです。

年金があればお金を借りられる

年金による収入があれば不動産担保ローンでお金を借りることが可能です。
年金は少ない額でも「一定の収入がある」と見なされるので、安定した収入源として見てくれます。
年金の収入があれば、無職であっても不動産担保ローンでお金を借りられる可能性は高いので、安心できます。

配偶者に安定した資金があれば可能

自分は無職でも、配偶者に安定した資金があれば不動産担保ローンを利用することができます。
これは、配偶者に安定した収入があるので、「返済能力がある」と判断して不動産担保ローンでお金を出してくれます。
不動産担保ローンの会社であれば、専業主婦でもお金を借りることができるようになっているので、不動産の名義が専業主婦である自分の名前であれば、その会社でお金を借りることができるはずです。

家を担保にお金を借りる場合に考えること

家を担保にお金を借りる場合に考えなければいけないことがあります。
それは「住宅ローン返済中の家でも大丈夫なのか?」「書類は何が必要なのか?」という点です。
この2点に関してご紹介していきます。

住宅ローン返済中の家でも大丈夫?

「住宅ローン返済中の家でも不動産担保ローンを利用できるのか?」と疑問に思う人もいらっしゃいます。
結論から言えば、ローンが残っていても所有不動産の評価額とローンの残高の差額に一定の割合があれば利用可能です。
これは、担保の評価額がローンの残債を上回っていれば「担保する価値のある不動産」ということが言えるので、ローン返済中の住宅でも「担保としてお金を借りることができる」という訳です。
もし、評価額がローン残債を下回ってしまう場合、担保での融資は受けられないので、評価額がどれくらいあるのかを確認しておくことが大事です。

必要書類は

不動産担保ローンを利用することができる場合、必要書類を準備しておく必要があります。
必要書類は

  • 本人確認書類
  • 所得確認書類
  • 資産証明書類
  • 借入対象不動産の書類
  • 申込関係書類

本人確認書類とは自分の名義なのか確認するための書類です。
所得確認書類とは年金や配偶者の収入がある場合、その収入を証明する書類です。
資産証明書類は資産の有無を確認するための書類です。
借入対象不動産の書類とは不動産の価値を鑑定するための書類です。
申込関係書類とは申込書や保証委託書などの書類です。
これらの書類を準備してください。

家を担保にどの程度お金を借りられるか

家を担保にいくら位お金を借りることができるのか気になるところです。
不動産担保ローンで借りることのできるお金は家の評価額に基づいて決まるので、自分の家の価値が高ければ、それだけ融資額も大きくなります。
大体の相場としては、銀行の不動産担保ローンだと評価額の5割ほどになり、例えば1000万円の評価額であれば約500万円のお金を借りることができます。
ノンバンクであれば不動産評価額の7割前後になり、1000万円であれば約700万円の融資額となります。
このように借りる場所と評価額で融資額は大きく変わります。

まとめ

無職の人でも家を担保に不動産担保ローンでお金を借りることは可能です。
特にノンバンクであれば無職でもお金を借りることができる可能性が高いので、ノンバンクを利用することをお勧めします。
ただ、お金を借りた場合返済していくことが絶対条件なので、必ず返済計画を立ててお金を借りるようにしてください。

この記事も読まれています