知識・活用術 > キャッシングの記事

総量規制対象外でも即日借り入れしたい!2つの方法を徹底解説!

借り入れを検討している人の中には、「総量規制」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。
総量規制は借入額の上限を決めている規制なので、自分がいくら借り入れできるか?を把握する上では知っておくべき規制です。
また、総量規制対象外…つまり総量規制に引っかかっても即日借り入れしたい人もいると思います。
そこでこの記事では、総量規制対象外でも即日借り入れしたい人に向けて、2つの方法を詳しく解説していきます。

総量規制とは個人の借入の規制

総量規制対象外でも即日借り入れする方法を解説する前に、そもそも総量規制とは何か?について解説します。

総量規制について知っている人は、2章の「総量規制対象外で即日借りるなら消費者金融」まで飛ばしていただて構いません。
総量規制とは、簡単にいうと個人の借入を規制するルールのことです。
言い換えると、個人がお金を借り過ぎないように規制しているともいえます。
まずは、この総量規制について以下を知っておきましょう。

総量規制のルール

総量規制は「個人が貸金業者から借り入れるときは年収の1/3が限度」というルールになっています。]
貸金業者とは消費者金融やクレジットカード会社のことです。

また、総量規制は1社の貸金業者ではなく、借り入れしている貸金業者全ての借入額を合計します。
つまり、複数社から借り入れるときも、その借入「総額」が年収の1/3以下でなければいけません。
ただ、キャッシュカードを利用したキャッシングや、クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外になる点は覚えておきましょう。
総量規制の目的は、借入し過ぎすることで生活に支障が出たり、自己破産に追い込まれたりすることを防ぐためです。

総量規制で対象外となっているローンは?

全てのローンが総量規制というわけではなく、規制されるのは消費者金融や信販会社のキャッシングなどです。一方、総量規制の対象…言い換えると貸金業者の対象にならない金融業者は以下の通りです。

  • 銀行カードローン
  • 信用組合
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • JA全農

また、住宅ローンや個人事業主に対する貸付、緊急医療払いのための貸付なども除外されます。

総量規制で借入が制限される実例

たとえば、年収360万円の人が総量規制対象のA,B,Cという金融機関で借入を行うとします。
その場合、A,B,Cから借り入れできる金額は合計で120万円が限度になるということです。
というのも、年収360万円の1/3は120万円なので、この120万円が借入限度額になるからです。

一方、上述のように「銀行のカードローンを組んでいる」や「住宅ローンを組んでいる」場合は、総量規制には関係はありません。
つまり、上記の例でいうと120万円の借入限度額は、カードローンや住宅ローンの借入額では消化されないということです。

総量規制対象外で即日借りるなら消費者金融

前項までで総量規制の概要が分かったと思います。
そして、そもそも消費者金融は総量規制の対象になるため、総量規制対象外で即日融資できないと思った人も多いでしょう。
しかし、実は総量規制の対象になる消費者金融でも、総量規制以上の借入をする方法があるので以下より詳しく解説します。

なぜ消費者金融は総量規制対象外なのに融資できるのか?

総量規制対象である消費者金融で総量規制以上の融資が即日できる理由は、「顧客に有利なローンは総量規制が関係ない」からです。
具体的には、消費者金融で以下のようなローンを組めば、総量規制対象外で即日融資を受けることができます。

  • 借入者に有利なおまとめローン
  • 金利が下がるローン

おまとめローンとは、複数の金融機関で組んでいるローンを1つの金融機関で一本化(まとめる)することです。
仮に、おまとめローンを組むことで金利が下がるのであれば、顧客に有利なローンとして総量規制の対象になりません。

また、他社からローンを切り替えるときに、他社よりも金利が下がるのであれば顧客に有利なローンといえます。
このように、消費者金融でローンを組むとしても、上記のようなローンを組む場合は総量規制対象外で即日融資を受けられる可能性があるのです。

消費者金融で審査される項目

しかし、総量規制対象外だとしても、当然ながら消費者金融の審査に通過しなければ借り入れはできません。
そこで、消費者金融の審査項目である以下を知っておきましょう。

  • 借入者の年収
  • 借入者の勤務先や勤続年数
  • 借入者の雇用形態(正社員・派遣社員など)
  • 信用情報(過去の延滞歴や自己破産歴など)

上記は、消費者金融によって基準が異なりますので、実際は審査してみないと借入可能か分かりません。
ただ、借りる側は消費者金融がどのような点を審査するのか知っておいた方が良いでしょう。

銀行やカードローンは厳しい

この章の最後に、総量規制対象外である銀行や銀行のカードローンでの借り入れを勧めない理由を解説します。
結論から言うと、銀行や銀行カードローンは審査が厳しいからです。
というのも、上述のように銀行での借り入れや銀行カードローンは総量規制対象外のため、年収の1/3超の融資を受けることができます。
しかし、総量規制が生まれた背景には、「個人が借り入れし過ぎないように抑制する」という目的があります。

そのため、「銀行や銀行カードローンが総量規制対象外というのは不自然ではないか?」という声が上がりました。
そして、全国銀行協会や金融庁がその旨を銀行へ指摘したことで、銀行側は自主規制するようになったのです。
つまり、銀行や銀行カードローンは自主規制によって、実質「総量規制を超えた融資はしない」というわけです。
このような事情から、総量規制対象外で即日融資を受ける方法として、消費者金融での借り入れをおすすめしています。

個人事業者なら事業者向けカードローンという選択もある

次に、総量規制の対象外でも即日融資を受ける2つ目の方法である、事業者向けカードローンについて以下2点を解説します。

事業者向けカードローンとは?

事業者向けカードローンとは、個人事業主や法人が対象となるカードローンです。
言い換えると、会社員や公務員の人は事業者向けカードローンを作成できません。

また、事業者向けカードローンにも審査があります。
そのため、総量規制対象外とはいえ、ほかの金融機関での借入状況などによっては審査否決もあり得る点は認識しておきましょう。

事業者向けカードローンがOKな理由

事業者向けカードローンが総量規制超えの融資も可能な理由は、「事業性資金」は総量規制から除外されるからです。
事業者向けカードローンは、基本的に個人事業主や法人が事業のために組むローンです。
そのため、総量規制から除外される「事業性資金」になるので、総量規制に関係なく借り入れできます。
とはいえ、上述したように銀行や銀行カードローンは自主規制していることもあるので、借入者の状況によっては借入できないこともあるでしょう。

まとめ

このように、総量規制対象外で即日融資を受けるためには、消費者金融で借り入れするという方法があります。
また、個人事業主や法人の方は、事業者向けカードローンという選択肢もあるため、どちらが良いか比較検討してみると良いでしょう。

この記事も読まれています