知識・活用術 > キャッシングの記事

銀行から土地を担保にお金を借りる方法とは?不動産ローンを解説!

お金を借りたい時に、土地を担保にしようと考える方もいると思います。
しかし土地を担保にする場合、どのようなお金の借り方があるのか分からない方も多いでしょう。
また土地を担保にする場合、複数の方法があればどの方法が適切なのか分からないといった方も多いです。
本記事では土地を担保にお金を借りる方法や、土地を担保にお金を借りるメリットやデメリット、注意点などを紹介していきます。

銀行から土地を担保にお金を借りる場合のローンを紹介

銀行から土地を担保にお金を借りる場合は、不動産ローンが一般的です。不動産ローンとは一体どのようなローンのことなのでしょうか?
ここでは、不動産ローンを詳しく解説していきます。

不動産ローンを使えば銀行から土地を担保にお金を借りる事が可能

土地を担保とする融資には以下の3つがあります。

  • 住宅ローン
  • 不動産担保ローン
  • 法人融資

住宅ローンは、個人が新築住宅や中古住宅の購入、リフォームなどの住宅関連に対して資金を借りるためのローンです。
新築する場所の土地や建てた住宅を担保として融資を受ける制度となっています。
不動産担保ローンは、個人が不動産を担保として融資を受けることができます。
融資を受けた資金の使い道は事業資金を除いて自由に使うことができます。
担保とする不動産は、借りる本人の所有する不動産でなければなりません。
銀行によっては他の金融機関で担保としている不動産でも、担保として扱ってもらえる場合があります。
不動産担保ローンは不動産の評価額を基準に融資を行うので、銀行や消費者金融から融資を断られた人でも借りることができる可能性があります。
そのため、複数のカードローンなどを抱えた人が、不動産担保ローンを使ってローンをまとめるといった活用方法をする場合もあります。
法人融資は法人や個人事業主などに対して、高額な金額を貸付する際に用いる融資方法です。
ネット銀行や不動産担保ローンを専門としている貸金業者によって、融資される場合が多いです。

銀行から土地を担保にお金を借りるメリットは?

不動産担保ローンの中には、銀行から借りる場合と消費者金融などから借りる場合があります。
その中でも銀行から借りる場合は消費者金融などから借りる場合と比べて、たくさんのメリットがあります。
ここでは、銀行から土地を担保にお金を借りる場合のメリットを紹介していきます。

土地を担保にお金を借りると低金利で借りることができる

銀行は消費者金融などと比べて、低金利で融資をしてもらうことができます。
消費者金融などでは10%程度かかる金利も、銀行から借りると3%から8%に抑えることができます。

土地を担保にすると大きな額を借りることが受けることができる

土地を担保にすると無担保、無保証での借り入れよりも、高額な融資を受けることができます。
そのため、まとまったお金が必要である場合は有効な申し込み手段となり、完済すれば担保となった土地も自分の手元に戻ってきます。

土地を担保にすると長期間お金を借りることが可能

土地を担保にすると、返済期間に関しても長期間で設定されます。
借りた金額が大きくても借入期間が長期にわたるので、毎月無理のない返済計画を立てることが可能です。

保証人なしで借りることができるので土地を担保するのはおすすめ

土地を担保にお金を借りると保証人を付ける必要はありません。
土地を担保としているので知人や友人に保証人を頼む手間が省け、高額な融資を受けることも可能です。

銀行から土地を担保にお金を借りる場合の注意点

土地を担保にお金を借りる場合はメリットもありますが、注意しておかなければならない点もいくつかあります。
ここではその注意点をあげていきます。

土地を担保にお金を借りると返済が滞ると土地を失う

土地を担保にお金を借りる場合一番気をつけておかなければならないことは、返済が滞ると土地を失ってしまうということです。
そのため借りる前にきちんとした返済計画を立てましょう。

土地を担保にお金を借りると即日融資はできない

土地を担保にお金を借りる場合、即日融資してもらえることは少ないです。
実際に現地に行って査定する場合がほとんどなので、融資までに時間がかかるということを覚えておきましょう。

まとめ

銀行から土地を担保にお金を借りる場合は、不動産ローンを組むのが一般的です。
不動産ローンの中には住宅ローンや不動産担保ローン、法人融資七があり、不動産担保ローンを使えば今までのローンをまとめることもできます。
また、土地を担保にお金を借りれば、保証人も付けることなく大きな金額を借りることができます。
しかし、返済が滞ると土地を失ってしまうので、事前にしっかりと返済計画を立てておきましょう。

この記事も読まれています